毎日の通勤や買い物に便利な自転車。
ママチャリやスポーツサイクル、電気自転車など色々と種類がありますが、どれも便利ですよね?

だけど長年愛用してきた自転車の処分を検討しなければならない時もあるものです。

たとえば引っ越し先の事情だとか、もう乗らなくなったとか、人から譲ってもらったけど使わないなどなど。

自転車は毎日便利に使えるものなのに、いざそれを手放そうとした時には面倒なことが多かったりします。

サイズが大きくて重さもあれば、ただそれをどこかに届けるだけでも一苦労です。

そんな時に役立つのが出張買取サービスです。

査定員が大きなトラックで自宅まで来てくれて、売りたい自転車を当日すぐに買い取ってくれます。

実際電話一本で簡単に自転車が処分できて、しかもものによっては高い価格で買取してもらえるため、自転車の出張買取はいつも大人気です。

しかし、そんな人気の自転車買取も、自転車の状態があまりに悪い場合は買取不可となってしまう場合もあります。

そこでここでは自転車を出張買取してもらう際、ぜひとも気を付けておいてほしいことをいくつかまとめてみました。

これを読むだけで自転車を処分する際に生じるトラブルや無駄が少なくなるのはもちろんのこと、

より高い価格で自転車を買取査定してもらえるようになるでしょう。

自転車買取で絶対に必要!中古自転車の譲渡証明と防犯登録とは?

自転車は自動車のように所有しているだけで税金がかかる、ということはありません。

そのため気軽に扱えるものと考えて、安易に他人に譲ってしまうことも多いものです。

しかしここで気を付けておかなければならないことは、中古自転車を他人に譲る場合には、ある二つの手続きが必要になるということです。

その二つとは「譲渡証明」と「防犯登録」であり、この二つがセットで揃わない限り、自転車が他人に譲渡される、つまり自転車を他人や業者に買取してもらうことはできません。

譲渡証明には「譲渡証明書」という書類の作成が必要になりますが、これはその名の通り「元の所有者が自転車を他人に譲渡する意志を証明するもの」です。

これを正しいテンプレートに沿って作成し、それを使って元の所有者が防犯登録を抹消、その後新しい所有者が新たに防犯登録の手続きをする、というのが一連の流れです。

一見やることが多くて複雑な作業に思えますが、実際はただ「自分が持っている自転車を他人に譲ることを国に証明・登録する」だけのことです。

自転車の所有権を国が正確に把握し、その自転車の所有権が侵害されないようにするために必要な手続きというわけです。

では自転車の所有権を譲るためのそれらの手続きは、一体具体的にどのように行えば良いのでしょうか?

これは意外と簡単で、まずは自転車防犯登録所となっている自転車の販売店や警察署の防犯係に行けば良いだけです。

あとはそこで詳しい説明を聞きながら防犯登録の抹消を行うだけです。

その際に譲渡証明の書き方などについても質問できるため、併せてその場で作成してしまうのが良いでしょう。

もちろんこれらの一連の手続きは全て元の自転車の所有者が行うことであり、すでに譲り受けた者が行うことは原則できません。

ただ元の所有者が譲る相手に対して、防犯登録の抹消を委任する旨が書かれた委任状を渡してある場合はその限りではありません。

錆や故障は減額の基本!

雨ざらしのまま長年屋外に放置されていた自転車は、当然ですがフレームやクランクに錆が付いていることが多いものです。

錆は見た目が悪いだけではなく、自転車の動作自体に支障を及ぼすことが多いため、錆があると自転車の買取価格は大幅に減額、または買取不可となってしまいます。

また、これも当たり前ではありますが故障した自転車の買取は不可となる場合が多いものです。

単なるタイヤのパンクやチェーンが一時的に外れているだけという具合であれば対処が可能ですが、修理に大きな手間がかかるほどに故障している場合は買取が難しいでしょう。

錆や故障は自転車の見た目も機能も奪ってしまうため、これらが深刻なものは高額買取よりも安く処分する方法を考える方が得策です。

自転車をこれから売ろうと考えている方は、まずその自転車に錆がないか?すぐに直せないような故障がないか?だけは最低限事前に確認しておくことをお勧めします。

高く売れる自転車といえば?

自転車と呼ばれるものの中でも特に高く売れる可能性が高いのは、何と言ってもスポーツサイクルに分類されるものです。

ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクと呼ばれるものは常に人気があるため、出張買取査定を受ければ高額買取のチャンスがあると考えて良いでしょう。

また、これらのスポーツサイクルはサドルやハンドル、クランクなどの単体でも買取可能となる場合も多いものです。

フレームのみの場合でも思ったより高く売れたという話もよく聞きますので、自宅の倉庫などに乗らずに放置されているロードバイクなどあれば、

他の色々な物の片付けと一緒に一括出張買取査定を受けてみると良いのではないかと思います。

これまでに書いたように、自転車を買取する際には様々な注意点や知っておくべき豆知識がいくつもあります。

今回ご紹介したような知識は自転車の買取査定を受ける際に最低限覚えておいてほしい事柄ですので、

まずはこれらのことを頭に入れておいた上で買取査定などを受けてみると良いのではないかと思います。

めちゃ買う.comでは自転車に詳しい査定員が出張買取で日々活躍しています。

今ちょうど手放したい自転車がありましたら、様々な不用品と併せて一括買取査定を受けてみてはいかがでしょうか。