買取不可!ベッド・学習机・カーテン・鏡が売れないワケとは?

売れないベッドの画像

巷にある有名リサイクルショップやめちゃ買うのような出張買取店であっても買取不可となってしまう商品があるのをご存じでしょうか?
たとえばベッドや学習机といった一部の家具はそれぞれ理由があってほとんどの場合は買取不可、何とか引き取りできる場合でも有料処分になることが多いのです。
今回はそういった買取不可となりがちな商品たちのよくある買取拒否理由をまとめてみたいと思います。

見た目に反して汚れが酷い。処分も大変なベッド

ベッドやマットレスの中には高級ブランドから発売されたものもあり、実際その上で寝てみるととても使い心地が良い良質な商品もよくあります。
ただベッドはあくまで就寝に使うものであるため、人が眠っている間にかいた汗を本人が自覚していない間に沢山吸収しています。
そのため見た目は綺麗であっても中身は汚れが詰まっている場合が多く、基本的にベッドを中古で購入しようという人は居ないものと考えてよいでしょう。
またベッドはそれが大きいサイズでしっかりとした造りをしたものほど処分が困難になるためその分処分費用が高くなるということも覚えておく必要があります。

一度使ったらそれっきり。運搬も処分も難しい学習机

勉強机や学習デスクとも呼ばれる学習机は基本的に一時期使えばそれっきりの価値しかない家具と考えてよいでしょう。
子供の入学に併せて購入することが多い品物ということは一種のお祝いの品であると考えられ、お祝いの品を中古品で済ませる人はほとんど居ないと考えれば自然と売却も難しいと考えられます。
その上学習机はサイズが大きく重くて運搬に苦労します。そのためたとえ売れるとしてもたとえばリサイクルショップに運ぶまでに体力や費用がかかってしまいがちです。
さらにはベッドと同じく処分は有料となってしまいますので、もしも何かしらの理由で無料で処分ができるチャンスがあれば必ずその場で処分した方が良いと言えます。

基本は衣服と同じ扱い。実は日焼けも多いカーテン

遮光タイプの分厚いカーテンや有名デザイナーがデザインした希少なカーテンなどは売れやすいように思えるものです。
ただ一度でも使ったカーテンは目では判別し難い程度には高い確率で日焼けしているものであり、衣服と同じように中古品は絶対購入できないと考える人も多い商品と言えます。
もちろん未開封品であれば買取可能となる場合もありますが、基本的には衣服と同等の扱いとなる場合が多く、リサイクルショップなどでも安値で買取される場合が多いと考えると良いでしょう。

割れやすく中古品というだけで避けられる鏡

鏡は当然ながら割れやすく食器類と同じように丁寧な扱いが求められる商品であるため、売却を行う際にはまず安全のためある程度梱包が必要になります。
さらに扱いが面倒なだけでなく鏡は昔から霊的な力を持っているとか風水上扱い難いものとされている部分があるため、特に中古品はなかなか買いたいと思う人が多いものです。
また手鏡や卓上鏡であればまだ問題は少ないものの、姿見やより大型の鏡となると運搬コストもかかる分さらに買取・売却が難しくなることも覚えておくと良いでしょう。

以上のような基本買取不可となることが多い商品は、不要になった際は出来る限り安くよりかんたんな方法で処分できれば良いものと考えるのが良いでしょう。
めちゃ買うの出張買取では上に挙げたような商品のみの買取は不可となっておりますが、他に何か買取可能な品がある場合は有料、または無料引取り可能となる場合がありますので、まずは一度お気軽にお電話やメールなどでご相談ください。