昨今のカメラブーム到来により、フィルムカメラも高額で買い取ってもらえます。

部屋の掃除や、遺品片付けで見つけた古いフィルムカメラ

デジタルカメラが主流の今、買い取ってもらえるのか不安のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

カメラを売るときに、気をつけたいポイントとは

カメラの状態は多少気に留めておくだけで値段が上がる可能性があります。

外観や触ってみたら動く程度では判断できません。プロは内部までちゃんと見て値付けをします。

70年代以降のカメラですと、高級機種を除けば1000円にもなりません。

ただし、レンズでは今でも高価で取引されてるものも存在します。

レトロなフィルムカメラでは、カビやサビがあるアイテムでも価値の有るものは沢山あります。

カメラの高額で取引のポイント

高く売るコツとしては、デジタル機器の定期メンテナンスを施すなどが大切です。

一度開封してしまうと高額買取できなくなってしまう事がありますのでご注意下さい。

デジタル機器は価格の変動がある

売るまたは買い替えをお決めになられたら、早めにお見積りを出される方がいいです。

プレミア価格の付いたビンテージクラシカルカメラも存在し、ステータスが良いものであれば高い査定が期待できます。

製造年が古すぎるカメラは減額になります。

しかし、オールドカメラを集めるコレクターも存在するので、店舗により買取で価値が高くなることもあります。

カビや曇りは大きなマイナスに

キズの有る無しも査定対象に大きく加わります。

状態が良くレンズも良いものであれば高く売れます。

付属品が無くても査定されますが、付属品があればさらに高額査定となる見込みがあります。

カメラ買取ショップは機種ごとに買取価格を設定している

中古販売市場でニーズがあれば買い取ってくれます。

カメラ買取は・メーカー名・製品番号から査定をします。

カメラの買取を得意とするめちゃ買う.comでは、買取相場の分かりづらい古いアンティークカメラの適正価格の査定を得意としております。

めちゃ買う.comではカメラに詳しい査定員が出張買取で日々活躍しています。

今ちょうど手放したいカメラがありましたら、様々な不用品と併せて一括買取査定を受けてみてはいかがでしょうか。